2016. 10. 05  
おはようございます。 佐太郎です。
本日はエコ旅行の楽しみについてお話します。

エコ旅行といってもケチケチな旅行ではありません。

あなたは旅行に行く時

計画を立てて行きますか?
思いついたまますぐ手配して行きますか?
旅行会社のプランに乗ってゆきますか?   それぞれだと思います

エコエコ(環境・節約・マナー)旅行

1.計画は早めに

  遅くとも1ヶ月前、シーズンともなれば2ヶ月前に立てます。
  早いほうが、交通宿泊で費用がずいぶん違います。
  その浮いた費用分だけ旅先で贅沢ができます。
    (早割り、キャンペーンなど)エコ

2.資料集め
  
  資料は観光地の市町の観光協会(ウェブサイトに電話番号が
  載っている)に電話すれば気持ちよく何人分でも、送料無料で
  立派なパンフレットを送ってくれます。エコ
   (例 〇〇市にある観光地全てお願いします。2名分)

  観光ブランティアガイド
  各観光地には無料のボランティアガイドがいます。
  電話で資料請求の時ガイドの有無や予約方法も聞いておくこと。
  (予約なしで常駐している観光地もあります。)
  通常無料でも土日祭日は有料になるところもあります。
  だからウィークデーに行くほうがエコになります。
  
  パンフレットを持って迷いながら観光して時間をロスするより
  ガイドさん付きの案内のほうが楽しいです。
  お願いすれば、写真も撮ってくれます。(二人旅では感謝!)
  バスガイドさんの説明よりはるかに詳しく、その土地の情報や
  お土産情報、食べ物情報も教えてもらえます。
  無料では金品は受け取れませんので、終わった後、飲み物でも
  差し上げてください。(そのくらいはいいでしょう!!)エコ

3..旅行プラン

  日程はできる限りウィークデイ中心とする。料金がエコ
  早く計画すると早や割りの特典が利用できる。交通機関、旅館
  ホテルもエコになる。
  旅館・ホテルは観光協会の資料により、その宿泊先のウェブ
  サイトで詳しく調べる。
  (季節キャンペーンなどお得情報もある)

4.切符の手配

  取引のある代理店に頼む。
  エコをするためには自分で手配しないとエコも限度がある。
  交通機関・宿泊先などネットを使えば予約は貴方ができます。
  1度すべてやれば予約するのも旅の楽しみの一つになります。

5.天気予報

  天気予報にはウェブサイトに日本気象協会の長期予報1ヶ月、3ヶ月
  ありますが大雑把な予報で参考にする程度です。
  もう日程が決まれば運任せです。

6.出発・現地で

  今では携帯電話は、旅の必需品です。 充電器を忘れないで
  地元の人に挨拶する
  地元の人(ガイドさん、みやげ物店・売店・飲食店・宿泊先の人々)と
  対話する。
  コミュニケーションをはかれば、穴場や景色のいい休憩場所
  撮影のビュースポットなど情報が入手できます。    
  交通機関でゴミが持って降りてゴミ箱へ
  観光地で、ゴミ箱がなければ宿泊先で処分してもらう
  どこかの国の人のように当たりかまわず捨てない

これであなたは、エコエコな楽しい旅行ができます。

行ってらっしゃい

ではまた
  
今日はあなたにとって良い一日でありますように!   
  
NEXT Entry
演歌・流行歌・歌謡曲
NEW Topics
安倍首相の真珠湾訪問「現職初」ではなかった 各紙間違えたけど、実はあの人が
心温まるニュース
守破離
左利き・林家三平 『笑点』で右手の挙手は自信がない時
アフィリエイトで稼ぐ
佑ちゃん、見事な救援だ。
アフィリエイトを始めようと思う人に警告
「断捨離」
ドラマ 「深夜食堂」
配偶者控除 103万円の壁