2016. 11. 26  
おはようございます。

心温まるニュースをお届けします

佑ちゃん「やばかった」人命救助の好救援!雪道で横転した車から男性救う

斎藤

   雪で白くなった青い池の前で記念撮影する(左から)斎藤、有原

 日本ハムの斎藤佑樹投手(28)が22日、応援大使を務める北海道・美瑛(びえい)町で、

 人命救助に一役買った。車での移動中、雪道でスリップして転倒していた車を見つけ、

 早大の後輩でもある有原航平投手(24)とともに、運転していた男性を救助した。

 その後、同町でトークショーを行い、プロ7年目を迎える来季の目標に自身初となる

 2桁勝利を掲げた。

 美瑛町の人気観光スポット「青い池」に向かっているときだった。対向車線を走っていた

 100メートル先の車がスリップして転倒した。前方に1回転し、道路から飛び出して

 雪の中へ。斎藤はすぐに車を降りると、後輩の有原とともにひっくり返った事故車の元へ

 急いだ。運転席のドアを開け、運転していた20代後半から30代前半とみられる男性を

 車外に引っ張り出した。迅速な行動だった。


 「やばかった。衝撃でした。あんな事故を生で見たのは初めて。本当に怖いと思った。

 相手の方は電話していましたが、かなりテンパっていた」。幸い運転手にケガはなく、

 胸をなで下ろした。有原も「タイヤの跡が凄かった。本当に無事で良かった」と安どした。

 事故が起こった午後3時の気温は氷点下0・6度。路面は凍結していた。その後、同町の

 町民センターで行われたトークショーで、斎藤は「ひっくり返っちゃっていましたからね。

 雪道の運転は本当に気をつけてください」と、集まった約400人の町民に冬道の安全

 運転を呼びかけた。


 人命救助に一役買った経緯もあり、女性の司会者から「死ぬまでにやりたいことは?」

 と聞かれた。思いもよらぬ質問。それでも、爽やかな笑顔を浮かべ、本音を口にした。

 「鼻で笑われるかもしれないですけど、切実に2桁勝利したいですね」。町民は拍手

 喝采だ。「よく言った!」との声が飛び、斎藤も「頑張ります!」と返した。


 今季は3年ぶりの未勝利に終わった。チームは10年ぶりの日本一になったが、勝利に

 貢献できなかったため喜びよりも悔しさがこみ上げた。来季を見据え、11月は千葉・鎌ケ谷

 のファーム施設で体を追い込んだ。20日に札幌市中心部で行われた優勝パレード。何も

 できなかった思いが、ここでもこみ上げた。パレード後は室内練習場へ直行し、練習する

 姿があった。


 早実で06年夏に甲子園優勝投手となり「ハンカチ王子」と呼ばれて一世を風靡した。

 早大を経て10年のドラフト1位で入団。だが6年間で一度も2桁勝利はなく、1年目の6勝が

 最多だ。それでも栗山監督は「勝ち方を知っているし、僕が一番信頼している」と期待している。

 「来年は結果を残さないといけない年。球団に恩返しをしていかないと。今度は自分が活躍して

 日本一になりたい」と斎藤。応援大使を務める美瑛町で見せた男気。勝負の7年目で、輝きを

 取り戻す。 (清藤 駿太)


 ▽青い池 北海道上川郡美瑛町にある観光スポット。JR美瑛駅から約17キロ。4年前頃から

 口コミなどで人気が広がった。池が青く見える原因については過去に水質調査が行われたが

 解明されず、目に映る角度や季節によって、水面はさまざまな色に見える。十勝連峰を背に

 する神秘的な池になっている。

                     (2016年11月23日 4時0分 スポニチアネックス)

 祐ちゃん来年の活躍を信じています。

 ではまた

 今日はあなたにとって良い一日でありますように!
NEXT Entry
アフィリエイトで稼ぐ
NEW Topics
安倍首相の真珠湾訪問「現職初」ではなかった 各紙間違えたけど、実はあの人が
心温まるニュース
守破離
左利き・林家三平 『笑点』で右手の挙手は自信がない時
アフィリエイトで稼ぐ
佑ちゃん、見事な救援だ。
アフィリエイトを始めようと思う人に警告
「断捨離」
ドラマ 「深夜食堂」
配偶者控除 103万円の壁