2016. 11. 06  
おはようございます。

明日に迫った大統領選挙。中傷合戦を繰り広げ、政策論争や

政治理念などない状態です。クリントン候補の私用メール問題が

再燃し、トランプ候補が息を吹き返しつつあります。

アメリカ国民の間では「駄目な候補者のどちらを選ぶか」

まで極端な意見も聞かれます。

また若者の間ではしらけてしまって、両候補の政治に対する

政治理念や政策は伝わってないように見えます。

私もリンカーン元大統領の

 「人民の、人民による、人民のための政治」 ということばを

政治の基本と学んだ記憶がよみがえりました。

他国のこととは思えません。

わが国の国会でも環太平洋パートナーシップ(TPP)をめぐって

担当閣僚の問題発言ををめぐって空転しています。

閣僚も閣僚ですが!!

投票権を得た若者層にはどんなに写っているのでしょうか。

先輩の大人として恥ずかしい限りです。

日米両国の問題も「人民のための政治」になっているのでしょうか。

私の感じたままを述べました。


ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!

NEXT Entry
立冬
NEW Topics
安倍首相の真珠湾訪問「現職初」ではなかった 各紙間違えたけど、実はあの人が
心温まるニュース
守破離
左利き・林家三平 『笑点』で右手の挙手は自信がない時
アフィリエイトで稼ぐ
佑ちゃん、見事な救援だ。
アフィリエイトを始めようと思う人に警告
「断捨離」
ドラマ 「深夜食堂」
配偶者控除 103万円の壁