2016. 10. 26  
おはようございます。

毎日嫌なニュースばかりがありますが、表に出ていない

心温まるニュースをご紹介します。



2016年10月18日 12時0分 ロケットニュース24 より

下町の謎】いつも「シャッターが半開きの菓子店」に潜入! その理由が感動的で

ホッコリしちゃうぞーッ!!

東京都葛飾区亀有といえば、人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台として

有名で、週末には多くのファンがこち亀ゆかりのスポットを訪れている。

だがその一方で、こち亀とは無縁のすご~く気になる店が存在するのだ。

ニュース1


それが「内山菓子店」。地元民さえ知る人ぞ知るお店である。というのも、

いつもシャッターが半開きで、とても営業しているようには見えないのだが……

その理由が、下町ならではの人情にあふれていたのでご覧いただきたい。

シャッター半開きの謎

そもそも「シャッターが半開き」とは、一体どういうことだろう? 飲食店なら

暖簾(のれん)や看板が出ているかで営業中と分かるが、シャッターの半開きは

判断に困る。むしろ「準備中」と思ってしまうのが普通ではなかろうか。

「シャッターが故障しているのか」あるいは「店主のやる気の問題」か……

どちらにせよ、何か特別な理由がありそうである。そこで! 下町出身の記者として

謎を解き明かすべく、さっそく内山菓子店に潜入してみたというわけだ。

90歳の店主

内山菓子店は、JR常磐線「亀有駅」南口から徒歩15分ほどの住宅街にある。

周辺は地元住民が行き交うのみで、昼間も人通りが少ない。古くからの寺院や家屋が

立ち並ぶ光景は、まるで昭和にタイムスリップしたと錯覚するほどだ。

私(りょう)が訪れたのは平日の午前10時過ぎ。内山菓子店入口のシャッターは3分の2

ほど開いていた。同店を知る住民によると、中には半分しか開いていない日もあると

いう。

「今日は店主の機嫌が良いのかな?」と店内に入ったところ男性が声をかけてきた。

「いらっしゃ~い」と笑顔の様子からすると、この男性が店主のようだ。名前は

内山吉雄さん、2016年10月で90歳を迎えたという。気さくな人柄で、初来店の

私に対してもよそよそしさを見せない。そばにいるだけで明るい気持ちに

なれる人である。

半開きなシャッターの理由

内山さんによると、同店の創業は約50年。初めは菓子店だったそうだが、年齢を

重ねるにつれ体力的に厳しくなり、現在はタバコのみ販売しているという。

だが、営業しているにもかかわらず、なぜいつもシャッターが半開きなのか? 

素朴な疑問を内山さんにぶつけてみると……意外な答えが返ってきた。

「一昨年、店頭にバッグの忘れ物があって保管しているんだよ。本当は閉店しても

いいんだけど……持ち主が取りに来るかもしれないから、少しだけシャッターを

開けているんだ」


まさか持ち主のためにシャッターを開けていたなんて……素敵すぎるやないか! 

下町ならではの温かい理由に、ほっこりしてしまった。ちなみに、バッグの中身は

よく見ていないそうだが、「機械のような物」とのこと。持ち主が早く見つかってほしい

と願う次第である。

ニュース2


ともあれ、内山さんはタバコを買いに来るお客さんとの触れ合いを楽しみながら、

今日も元気に営業している。シャッターが半開きの内山菓子店は、実に下町人情に

溢れたお店だった。



こんな心温まるニュースに感動してあなたにお届けします。

ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!
NEXT Entry
有料介護施設を訪問
NEW Topics
安倍首相の真珠湾訪問「現職初」ではなかった 各紙間違えたけど、実はあの人が
心温まるニュース
守破離
左利き・林家三平 『笑点』で右手の挙手は自信がない時
アフィリエイトで稼ぐ
佑ちゃん、見事な救援だ。
アフィリエイトを始めようと思う人に警告
「断捨離」
ドラマ 「深夜食堂」
配偶者控除 103万円の壁