2016. 10. 20  
おはようございます。

本日は情報商材でよくある

不労所得」ということばについてお話します。

ネットでよく見る怪しげな誇大広告で「不労所得を得る」などと書いていますが

そもそも不労所得とは「働かずに収入を得る」という意味です。

利子や配当、家賃収入、投資による収益を指します。

資産、資金があっての不労所得です。

ネットビジネスの世界では資産、資金なしでノウハウだけでの不労所得は

得ることはできません。

でもシステムを努力して構築して、システム運用による不労所得は可能です。

そのためには働くことが前提でその努力の先に未来に繋がる「不労所得が

あるのです。

そのためにネットビジネスに関わるアフィエイター達は切磋琢磨して「不労所得

得るための努力をするのです。

じっとしているのではありません。月20万から50万100万と稼ぎを伸ばし、稼ぎ続けるよう

システムのメンテナンスも怠らず夢を追い続けるのです。

その努力をなくしては「不労所得」ありえないのです。



一日数時間で「不労所得」を得ませんか

誰でも簡単に「不労所得」が得られます


とかいう誇大広告は労力なしで得られるように誤解されますが

システム完成までの労力を省略したノウハウはありません。


先だって見た川柳に

  バカが発信したオファーに

  バカが夢見てバカを見る


というのがありましたがその通りで、騙されないようにしましょう。

ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!
NEXT Entry
あの熱気から1年半、「ブルーボトル」最新事情
NEW Topics
タブレットが全国議会でペーパーレス
2017年は祝日が土曜日になる率が高い。
鳥は飛ばねばならぬ 人は生きねばならぬ
新成人 生まれた年を振り返る
大人になったらなりたいもの
薬もカロリーも気にすることなく糖尿病克服
謹賀新年
賀正
酉年とは
年をとるほど1年あっという間に過ぎ短く感じる