2016. 10. 17  
おはようございます。

本日はみささまなじみの「バイキング」についてお話します。

バイキングとはレストラン・ホテル・ファーストフードなどの飲食業界で

一定料金で好きなものを好きなだけ食べることができる食事のシステムです。

時間制限のある店とない店があります。

作り置きの調理や食材を自分で取り分けて食べる「ビュッフェ形式

メニューの注文でその都度調理して出来立ての料理が出てくる「注文形式

があります。そのルーツは



バイキング料理のルーツは 北欧の伝統料理

今では当たり前となった「バイキング」という食のスタイル。実は、帝国ホテルの

レストランが発祥ということをご存知でしょうか。

さかのぼること50年以上前、昭和32 (1957) 年。新館建設のため新しいレストランを

模索していた当時の帝国ホテル 社長・犬丸徹三は、デンマーク コペンハーゲンを

訪れた際、魚介類や肉料理、酢漬けなど、好みのものを自由に食べるスカンジナビアの

伝統料理 “スモーガスボード (スウェーデン語で「パンとバターのテーブル」)” に出会い

ました。“好きなものを好きなだけ”食べるというスタイルに注目した犬丸は、早速、

ホテル リッツ パリで研修中だった村上信夫 (後の第11代料理長) に研究を命じ、翌年の

昭和33 (1958) 年8月1日、日本初のブフェレストラン「インペリアルバイキング」が誕生

しました。

海賊たちの、愉快な食卓

開業したレストランは、昼1,200円、夜1,500円と、当時の宿泊料金と変わらないもの

であり、特に宣伝をしなかったにもかかわらず、予約制でしたが「待ってでも食べ

たい。」と昼も夜も行列が出来る繁盛ぶりでたちまち話題になり、評判を聞いた

お客様がどっと押し寄せ、連日行列ができるほどの盛況ぶりでした。

「バイキング」というネーミングは、開業当時話題の海賊映画 『バイキング』から着想を

得たものです。

「北欧」という国と、“海賊”の豪快なイメージがまさにぴったりだということで採用

され、「インペリアルバイキング」になりました。それ以来、「バイキング」という

言葉が、“食べ放題”の代名詞として全国に広まったのです。

                 帝国ホテル インペリアル バイキング サーム      


  

「バイキング」を食のスタイルで用いるのは完全な和製英語で、

日本以外ではハワイや韓国の一部など、日本人を対象とした店でしか使われていません。

ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!
NEXT Entry
ネットで調べる
NEW Topics
安倍首相の真珠湾訪問「現職初」ではなかった 各紙間違えたけど、実はあの人が
心温まるニュース
守破離
左利き・林家三平 『笑点』で右手の挙手は自信がない時
アフィリエイトで稼ぐ
佑ちゃん、見事な救援だ。
アフィリエイトを始めようと思う人に警告
「断捨離」
ドラマ 「深夜食堂」
配偶者控除 103万円の壁