2017. 01. 06  
おはようございます。

「インスリンも薬もやめられた!

お腹いっぱい食べても血糖値が上がらない食事法とは?」

表題の記事を元旦に見つけました。

その内容は以下のとおりです。


はじめまして。

この度は、崇高クリニック院長の荒木裕監修

『インスリンも薬もやめられた!
 お腹いっぱい食べても3日で血糖値が下がる
 元ハーバード大学准教授が確立した食事療法』

に関する7日間のオンラインセミナーに
ご登録くださり誠にありがとうございました。


メールマガジン発行元の
株式会社イコールヒューマンの木村哲也と申します。


数億とあるサイトの中で私たちのサイトへお越し頂き、
こうしてご縁を頂けたことを心から嬉しく思います。


これから糖尿病を改善する食事法に関して、
この無料メールマガジンでしっかりお伝えしていきますので、
ぜひ、楽しみにして頂ければと思います。




先ほど、サイトの中で簡単にお話しさせて頂いた通り、
現在、私たちは、兵庫県の加古川市にある「崇高クリニック」様と提携し、
糖尿病に最も効果のある食事法を世の中にお伝えする活動をしています。


1人でも多くの糖尿病患者さんに、この食事法を“正しく”お伝えし、
また、お伝えするだけではなく、実際に糖尿病を改善して頂くことが、
私たちの活動の最大の目的です。


これから、その画期的な食事法を、
私、木村が、崇高クリニックの荒木院長の水先案内人として、
お伝えしていきますので、どうぞ宜しくお願いします。




最初に、正直に申し上げておかなければならないのですが、
私自身は、医師ではありませんし、糖尿病でもありません。


ですので、もしかすると糖尿病患者さんの本当の苦しみを
すべて理解できていないかもしれません。


ただ、どういう訳か、私の家系には糖尿病患者が多く、
糖尿病が原因で亡くなってしまった身内が大勢います。


ですので、その恐ろしさは十分に理解しているつもりですし、
悲しみや心の痛みは人一倍に大きいです。




そもそも、なぜ、私がこのような活動を始めたのかと言いますと、
親戚や家族が糖尿病が原因で亡くなっていくのを
目の当たりにしたというのもあるのですが、
実の母親が重度の糖尿病だったからなのです。


母親は、朝、薬を飲み、
昼食前にインスリンを12単位、
夕食前にインスリンを13単位、
就寝前にインスリンを14単位
接種していました。


毎月、病院へ通うだけではなく、
数カ月に一度は眼科へ通って目の検査もしていました。


常に、合併症の不安を抱えているようでしたが、
特に、失明の恐れが強かったようです。


そんな母親と、同じく糖尿病が原因で、
私の目の前で亡くなっていった家族や親戚が重なって見え、
なんとか糖尿病を改善させる良い方法がないものかと
探し始めたのがこの活動のきっかけとなりました。




当初、私は、図書館へ行って糖尿病に関する書籍を読み漁り、
インターネット上で販売されている糖尿病の改善法をすべて調べ、
そして、糖尿病治療で成果を出されている全国の糖尿病専門医にも
直接会いに行ったりしました。


恐らく、日本で行われている糖尿病治療のすべてを
知り尽くしたのではないかと自負しています。


そして、その中でも、最も論理的で、最も実績があり、
最も優れた糖尿病治療の考案者だったのが、
崇高クリニックの院長である荒木先生だったのです。


荒木先生は、京都大学の医学部出身で、
アメリカのハーバード大学でも准教授として活躍されたほどの
超エリート中のエリートです。


申し訳ないですが、その辺の病院のお医者さんや看護婦さんや
専門家を名乗る方々とは、全く比較にならない次元の先生です。


そんな圧倒的な権威者である荒木先生ですが、
今回、あなたにお伝えする食事法を確立されるまでに、
相当な苦労をされています。


荒木先生は、自分が考え出した糖尿病を改善するための理論を、
自らの身体を実験台にしながら実践し、40年以上の歳月をかけ、
ようやくこの食事法を確立されました。


自分の身体を実験台にしてまで、
糖尿病に効果のある食事法を確立されてきた先生を、
私は、荒木先生を除いて他に知りません。


そして、ついに確立された【荒木式】食事法のおかげで、
崇高クリニックを訪れる多くの患者さんは糖尿病を改善し、
多くの人々が健康を取り戻すことができるようになったのです。




私が、初めて【荒木式】食事法を知った時は、
正直、あまりにも今までの常識とは違うので、
驚きを隠せませんでした。


でも、その一つ一つが、なぜそうであるべきなのかを
荒木先生からお聞きすると、そのすべてが論理的で、
話を聞き終ったころには、すべてに納得していました。


それと同時に、今までの糖尿病治療(現在、一般的に行われている
糖尿病治療)が、いかに間違いだらけなのかということを知らされ、
居ても立ってもいられない気持ちになったのです。




私が、【荒木式】食事法を最初に伝えたのは、母親でした。


私は、日本全国の糖尿病に良いと言われる治療法や品物を
ほとんどすべて調べていたのですが、実の母親に、
最も自信を持って勧められた方法が【荒木式】食事法でした。


これこそが、糖尿病に最も効果のある食事法だと確信していたので、
早速その食事法を母親に教えたのです。


すると、信じられないかもしれないですが、
翌日には母親から連絡があり、

「今朝は、いつもより血糖値が下がってるよ。」

という嬉しい報告を受けることができたのです。


母親は、毎日決まった時間に血糖値を測定していましたので、
それは、本当に一目瞭然だったのです。


その後、母親は、【荒木式】食事法のおかげで、
順調に糖尿病を改善させています。


また、母親だけではなく、
母親の姉と弟にも【荒木式】食事法を伝えたところ、
彼らの糖尿病もどんどん良くなっています。


母親の他にも、私の周りには、
糖尿病なのに普通の人より健康じゃないか
と思えるような人たちが大勢いらっしゃいます。


そして、その人たちは、全員、
【荒木式】食事法を実践しているのです。




今、私は、荒木先生の最も近くでこの活動をしています。


荒木先生を他において、私以外、この食事法を
広く正しくお伝えできる人間はいないと思っています。


私は、大きな責任と期待を背負ってこの活動をしております。


これからあなたに、
【荒木式】食事法を正確にお伝えしていきますので、
どうかご期待頂ければと思います。



私たちの目的ですが、
ただ単に、あなたに【荒木式】食事法を
お伝えするだけが目的ではありません。


私たちの最大の目的は、

“実際にあなたに糖尿病を改善してもらうこと”

です。


これこそが、私たちの活動の最終目的です。


これからお届けする無料メールマガジンをお読み頂ければ、
まずはじめに、あなたに、

“糖尿病は克服することができるという確信”

を持って頂けると思います。


そして、お伝えする食事法の内容を少しずつでも実践すれば、
実際にあなたの血糖値は徐々に改善していくでしょう。



私見ではこのような考え方の医師や書物を読んだことがありません。

無料登録で7日間ウェブセミナーに参加しています。

賛否両論ありますが、結果はまたお知らせします。

ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!



2016. 10. 14  
おはようございます。

本日は日本の文化「カラオケ」で健康になるお話をします。

「カラオケ」の意味は、「カラ」は「空」、「オケ」は「オーケストラ」で

オーケストラの演奏ではなくレコード・テープで代用することを指します。

カラオケで歌うことで「ストレス」の発散や、音痴に人がいなくなったとまで

言われています。

医学博士 周東 寛 先生の著書 「演歌療法で若返る」 の中で

南越谷健身会クリニックでは、40人ぐらいが一度に入れる

「カラオケルーム」を設けています。ここは、患者さんが自由

に利用できるようになっていて、週に一度は、専門家の指導

で「カラオケ教室」を開いています。


それは最新医学の立場からカラオケによる素晴らしい治癒

効果に注目したためでが、私自身の医療体験を通しても、

カラオケが驚くほど健康にいいと実感しました。

とくに注目しているのは、私が「幸福ホルモン」と呼んでいる

脳内ホルモン分泌の活性化が顕著だという点です。


患者さんからは

「高血圧症気味だったが正常値になった」

「不眠症がなくなった」

といった反応が出ています。また

「毎日の生活がイキイキしてきた」 「積極的になってきた」

「若返った」といった精神面での効果が出てきています。


京都府立医科大での臨床例ですが、肥満女性の患者さんが

いて心理テストを受けると、ストレスの程度を示す指標が

60点満点中55点、うつ状態を示す指標が70点満点中

62点あったといいます。

そんな彼女がカラオケを始めました。そして週に2,3度

(1回に2,3時間)の割合で半年くらい歌い続けたところ、

どの点数も大幅に減少していたというのです。

体重も10キロ近く減り、兆候のあった糖尿や高血圧も消えたと

報告しています。


健康カラオケを医療の場に取り入れていくなかで、歌う基本を

しっかり身につけることや、ちょっと歌い方を工夫するだけで、

その効果がはるかに向上することもわかってきました。


                    抜  粋

以上書かれているように「カラオケ」による「新しい医療の場」に注目が集まっています。

皆さんも「カラオケ」で腹のそこから発声し元気になり若返ってください。

ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!


2016. 10. 10  
おはようございます。

本日は「腹八部目に医者いらず」というお話をします。

満腹になるまで食べないで八分目くらいで抑えておけば健康によいと

言われるように、いいとは解っていてもご馳走を前において八分目で

やめるのはとても大変です。



身体の健康上の話ですが、心の問題として同じように八分目以上は

求めない(心の健康上)ことも必要だと思います。

2015年12月25日92歳で亡くなった加島祥造さんの

「求めない」という詩集の一部をご紹介します。



序文で

誤解しないで欲しい。

「求めない」と言ったって、

どうしても人間は「求める存在」なんだ。

それをよく承知の上での

「求めない」なんだ。


食欲 性欲 自己保護欲 種族保護欲

みんな人間のなかにあって

そこから人は求めて動くーそれを

否定するんじゃないんだ、いや

肯定するんだ。五欲を去れだの煩悩を捨てろだのと

あんなこと

嘘っぱちだ、誰にもできないことなのだ。

<< 中略 >>

ぼくが「求めない」というのは

求めないですむことは求めないってことなんだ。

すると

体のなかにある命が動きだす。

それは喜びにつながっている。

<< 中略 >>



求めないー

  すると

簡素な暮らしになる


求めないー

  すると

いまじゅうぶんに持っていると気づく



本書の抜粋を紹介いたしました。

1ページにひとつの詩で構成されています。

詩は166頁ありゆっくり読んでも1時間も

あれば読みきれると思います。



私は病気入院中に友人から見舞いにこの本を贈られ、

その後も好きな詩集として月に一度くらい自分を

見つめなおすために読んでいます。

私はこの本が2007年に出版されましたが,もうすこし

自分が若き時に出会えていたなら良かったなと思います。

若い人にもおすすめです。



加島祥造(1923~2015)

1990年頃から長野県の伊那谷に移り住み、老子に傾倒した。「タオ-老子」

「タオ-ヒア・ナウ」老子の思想を現代史で表現した本が話題を集めた。

07年の「求めない---」というフレーズで始まる作品を収めた詩集。

山深い谷での素朴な暮らしから紡がれた言葉は、競争の激しい現代社会に

広く受け入れられ、ベストセラーになった。

「求めない」 加島祥三  小学館 1,300円+税

ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!