2016. 10. 14  
おはようございます。

本日は日本の文化「カラオケ」で健康になるお話をします。

「カラオケ」の意味は、「カラ」は「空」、「オケ」は「オーケストラ」で

オーケストラの演奏ではなくレコード・テープで代用することを指します。

カラオケで歌うことで「ストレス」の発散や、音痴に人がいなくなったとまで

言われています。

医学博士 周東 寛 先生の著書 「演歌療法で若返る」 の中で

南越谷健身会クリニックでは、40人ぐらいが一度に入れる

「カラオケルーム」を設けています。ここは、患者さんが自由

に利用できるようになっていて、週に一度は、専門家の指導

で「カラオケ教室」を開いています。


それは最新医学の立場からカラオケによる素晴らしい治癒

効果に注目したためでが、私自身の医療体験を通しても、

カラオケが驚くほど健康にいいと実感しました。

とくに注目しているのは、私が「幸福ホルモン」と呼んでいる

脳内ホルモン分泌の活性化が顕著だという点です。


患者さんからは

「高血圧症気味だったが正常値になった」

「不眠症がなくなった」

といった反応が出ています。また

「毎日の生活がイキイキしてきた」 「積極的になってきた」

「若返った」といった精神面での効果が出てきています。


京都府立医科大での臨床例ですが、肥満女性の患者さんが

いて心理テストを受けると、ストレスの程度を示す指標が

60点満点中55点、うつ状態を示す指標が70点満点中

62点あったといいます。

そんな彼女がカラオケを始めました。そして週に2,3度

(1回に2,3時間)の割合で半年くらい歌い続けたところ、

どの点数も大幅に減少していたというのです。

体重も10キロ近く減り、兆候のあった糖尿や高血圧も消えたと

報告しています。


健康カラオケを医療の場に取り入れていくなかで、歌う基本を

しっかり身につけることや、ちょっと歌い方を工夫するだけで、

その効果がはるかに向上することもわかってきました。


                    抜  粋

以上書かれているように「カラオケ」による「新しい医療の場」に注目が集まっています。

皆さんも「カラオケ」で腹のそこから発声し元気になり若返ってください。

ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!


2016. 10. 10  
おはようございます。

本日は「腹八部目に医者いらず」というお話をします。

満腹になるまで食べないで八分目くらいで抑えておけば健康によいと

言われるように、いいとは解っていてもご馳走を前において八分目で

やめるのはとても大変です。



身体の健康上の話ですが、心の問題として同じように八分目以上は

求めない(心の健康上)ことも必要だと思います。

2015年12月25日92歳で亡くなった加島祥造さんの

「求めない」という詩集の一部をご紹介します。



序文で

誤解しないで欲しい。

「求めない」と言ったって、

どうしても人間は「求める存在」なんだ。

それをよく承知の上での

「求めない」なんだ。


食欲 性欲 自己保護欲 種族保護欲

みんな人間のなかにあって

そこから人は求めて動くーそれを

否定するんじゃないんだ、いや

肯定するんだ。五欲を去れだの煩悩を捨てろだのと

あんなこと

嘘っぱちだ、誰にもできないことなのだ。

<< 中略 >>

ぼくが「求めない」というのは

求めないですむことは求めないってことなんだ。

すると

体のなかにある命が動きだす。

それは喜びにつながっている。

<< 中略 >>



求めないー

  すると

簡素な暮らしになる


求めないー

  すると

いまじゅうぶんに持っていると気づく



本書の抜粋を紹介いたしました。

1ページにひとつの詩で構成されています。

詩は166頁ありゆっくり読んでも1時間も

あれば読みきれると思います。



私は病気入院中に友人から見舞いにこの本を贈られ、

その後も好きな詩集として月に一度くらい自分を

見つめなおすために読んでいます。

私はこの本が2007年に出版されましたが,もうすこし

自分が若き時に出会えていたなら良かったなと思います。

若い人にもおすすめです。



加島祥造(1923~2015)

1990年頃から長野県の伊那谷に移り住み、老子に傾倒した。「タオ-老子」

「タオ-ヒア・ナウ」老子の思想を現代史で表現した本が話題を集めた。

07年の「求めない---」というフレーズで始まる作品を収めた詩集。

山深い谷での素朴な暮らしから紡がれた言葉は、競争の激しい現代社会に

広く受け入れられ、ベストセラーになった。

「求めない」 加島祥三  小学館 1,300円+税

ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!