2016. 12. 09  
おはようございます。

「安倍首相の真珠湾訪問「現職初」ではなかった 各紙間違えたけど、実はあの人が」


12月8日のYAHOOニュースによりますと,TV・新聞の報道では(
「現職の首相として初めて訪問」と報道祖低ますが本当は違う事実もあると

報道しています。

安倍晋三首相は12月26~27日、アメリカ・ハワイを訪問し、オバマ大統領とともに

真珠湾(パール・ハーバー)を訪問する。謝罪ではなく、慰霊のためだ。

この事実が明らかになった12月5日夜には、朝日新聞や日経新聞などの各メディアが

一斉に「現職の首相として初めて訪問」と報道。それを受け、BuzzFeed Newsも同じよう

に報じていた。


だが、これは誤りだった。現職首相として真珠湾を訪問したのは、安倍首相が初めてではなかった。

BuzzFeed Newsは、65年前の新聞記事で確認した。

真珠湾


1951年9月12日(現地時間)。真珠湾を訪れていたのは、吉田茂首相。


当時の報道を見てみると、吉田首相はサンフランシスコ講和条約を受諾すべく、

9月上旬に渡米。

その往路と復路でそれぞれハワイに立ち寄っている。真珠湾を訪れたのは帰り道だ。


9月13日の読売新聞夕刊には、こんな記事が掲載されている。

吉田さん、眞珠湾訪問 お土産にモロコシ製のステッキ


”ロイヤル・ハワイアン・ホテルに一夜をあかした吉田首相は十二日午前五時半起床、

まさに明けようとするホテル付近の海岸を散歩した。


お腹の調子もすっかり回復、朝食をとったのち同九時卅(三十)分ホテルを出て

ロング・ハワイ准州知事、ラドフォード米太平洋艦隊司令官、ハワイ陸軍司令官

オーランド中将の順序で公式訪問し、それぞれハワイ滞在中の好意に感謝したが、

ラドフォード中将を真珠湾に尋ねた時は感慨深げだった“


つまり、安倍首相が「現職首相として初めて真珠湾を訪問する」ことは間違いになる。


外務省の認識はどうなのか。BuzzFeed Newsは、同省北米局に取材した。

「真珠湾と言うと広い範囲を指すことになりますので、これまで現職の首相が訪問

している可能性はあります。より正確に言えば、『真珠湾のアリゾナ記念館を

訪問して慰霊をするのが初めて』となります」



取材に応じた担当者は「外務省として、現職首相として初めて真珠湾を訪問すると、

会見などで言ったことはない」とも強調した。

たしかに各種報道をみても、「外務省によると」というソースの明示はない。

記事の存在に関しては当の読売新聞から確認の連絡があり、把握をしたという。

12月6日の読売新聞朝刊を見てみると、「日本の首相が米大統領とともに真珠湾を

訪れるのは初めて」と表記されている。


一方、ほかの4紙は「現職初」を見出しにとった。

毎日新聞は「日本の首相が真珠湾で犠牲者を慰霊するのは初めて」と表現。朝日新聞と

日経新聞、産経新聞は「現職首相の真珠湾訪問は初めて」などと断定調で、地方紙に

記事を配信する共同通信も同じだった。

BuzzFeedNewsは、これまで記事中で「現職首相として初めて」としていた部分を訂正

します。


また、菅官房長官は「いずれにせよ、当時は真珠湾のアリゾナ記念館は建設されて

おらず、アリゾナ記念館で慰霊を行うことは安倍総理が初めての機会となる。

また、アメリカの大統領とともに真珠湾を訪問するのは初めて」とも強調した。

ロイター通信はこれを受け、「安倍首相はおそらく初めて真珠湾を訪れた現職首相

ではない」と報道している。

※BuzzFeed Japan株式会社(バズフィードジャパン)は2015年に設立され東京都港区
に本社を置く日本の会社。オンラインメディアバズフィード日本版の運営会社で、
アメリカ合衆国のBuzzFeedと日本のヤフーのジョイントベンチャー。(Whikipedia)


このようにニュースはマスコミによって記事が異なりますのでご注意!!

ではまた

今日はあなたにとって良い一日でありますように!
2016. 12. 07  
 おはようございます。

 やっと見つけた心温まるニュースです。

 夫のバイクが廃車… 

    妻が全財産のヘソクリと一緒に差し出した誓約書が

      愛にあふれていると話題に


 愛車のバイクが廃車になった夫が妻と交わした誓約書が、

 愛にあふれているとTwitterで話題になっている。


 10年ほど通勤に使用していたカブが壊れてしまったTwitterユーザーの

 “もひかん”さん。この事態を受けて妻は、夫が新しいバイクを購入するために

 「我が家の全財産です。これで新しい単車を買って明日からも出勤して下さい」と、

 やり繰りして貯めたお金と誓約書を差し出した。


 誓約書には、「おこずかいは平成30年12月まで2万円」、子どもが「成人するまで

 大切に乗る」といったバイクに関することや、「寝る前にマッサージは15分+

 気持ち」、 「おしっこは座ってやる」、「カゼのときに高熱アピールしない」と

 いった普段の生活に 関することが記されていた。そして、最後の約束事には

 「たまには後ろに乗せて」という 可愛らしい一言が添えられていた。


 この妻の言葉と誓約書の内容に“もひかん”さんは、「大切に乗りたいと思う

 気持ち」に なり誓約書に捺印。人生13台目のバイクを購入することになった。

 Twitterでは、妻の 内助の功を山内一豊の妻・千代に重ねて称賛する声や、

 「素晴らしい奥様の海より深い 愛が伝わってきます」、「素敵なご家族で羨ま

 しい」といった声が寄せられている。


      心 1

      心 2


 この殺伐とした事件や、痛ましい事故・事件のニュースの多い世の中で

 こんな心温まるニュースもあるのですね、感動しました。

 ではまた

 今日はあなたにとって良い一日でありますように!





 アフィルエイトを初歩の方に無料講座で一から教えてくれるそうです。

2016. 12. 05  
 おはようございます。

 本日は昔から言われている言葉「守破離」についてのお話です。



 守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の

 一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースと

 なっている思想でもある。個人のスキル(作業遂行能力)を3段階のレベルで

 表している。

 まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型

 を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型を

 つくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出

 した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から

 自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。


 武道等において、新たな流派が生まれるのはこのためである。

 
 個人のスキル(作業遂行能力)をレベルで表しているため、茶道、武道、芸術等だけ

 でなく、スポーツ、仕事、勉強、遊び等々、世の中の全ての作業において、以下の

 ように当てはめることができる。


 守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。 ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)。

 破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。

 離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。

                      by Wikipedia 


 守では先生について学び、破では学んだことを習得した後自分なりのアレンジして

 作り出す技術を習得して、離では自分なりのものを開発する。

 現代においても、どの業界においてもこの通りでありまして、この段階と

 スキルを間違えると、せっかくの学んだことが無になります。

 守の段階は一生懸命学ぶのですが、破の段階において技術の習得が

 できてないのに勝手に応用して自己流になっては意味がありません。

 この段階だ一番大切な期間です。

 仕事でも、趣味の習い事でもこの「守破離」の意識を持ってすれば

 上達は早くなると思います。


 ではまた

 今日はあなたにとって良い一日でありますように!


   アフィリエイトで初心者が稼ぐノウハウ研究室 受講生募集中